1万円からはじめる話題の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で資産運用!

運用期間と借入期間は同じ意味ですか?

カテゴリ:,

融資型クラウドファンディングの募集を見ると、サイトによって運用期間と借入期間という表記があります。違いはあるのですか?

どちらも同じ意味です

融資型クラウドファンディングを始めるにあたって目にする用語の一つに、運用期間というものがあります。

運用期間とは、融資を募集した会社が実際にその投資額を元にプロジェクトを運用する期間です。国内最大の融資型クラウドファンディングサービス会社であるmaneoなど、借入期間という表現をつかっているサイトもありますが、どちらも同意義となります。

具体的な数字を出して説明してみましょう。

例えば、運用期間が13カ月、貸付実行日が2017年1月1日、返済完了日が2018年2月1日の案件があったとします。この場合運用期間は13カ月ですので、貸付実行日の2017年1月1日から金利が発生し、返済は借り手側に返済不能などの問題が起こらない限り、最終月の2018年2月1日までの13か月間続くということです。

ただし、これはあくまで金利に関しての返済方法であり、元本の返済方法は案件によって違いますのでプロジェクトごとに確認しておきましょう。

また、一般的に運用期間が長くなるほど返済に対するリスクが高くなると言われていますが、運営自体に問題がなければ長い期間安定した分配を受け取れるというメリットもあります。

長期運用と短期運用それぞれのリスク面を理解した上で、自分の投資スタイルに合わせて選択することが大切です。

初心者におすすめの業者

どの業者を選んだらいいか分からない!そんな初心者のために、投資を行う中でのリスク面(貸倒れ、返済遅延など)を最大限に考慮し、運用実績の伴うクラウドファンディング運営サイトを紹介しています。

オーナーズブック

プロによる運用で償還実績多数! オーナーズブック

1万円の少額不動産投資が可能!

全案件不動産担保付き!憧れの不動産投資が1万円から始められる人気業者!

利回り 4.8~14.5%
最低投資額 1万円~
運用期間 1~24ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

クラウドクレジット

人気上昇中!成立ローン79億円突破! クラウドクレジット

1万円から始める海外投資!

1万円から海外の成長事業に投資できる手軽さと、最大12.2%の高利回りが期待できる業者!

利回り 5.9~12.2%
最低投資額 1万円~
運用期間 7~48ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

マネオ(maneo)

成立ローン1000億円超えの実績! マネオ(maneo)

業界シェアno.1の人気業者!

成立ローン1000億円超えの業界最大手業者!多くの投資家に人気があるので初心者におすすめ!

利回り 5~8%
最低投資額 2万円~
運用期間 3~36ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら
シェア ツイート はてブ