1万円からはじめる話題の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で資産運用!

元利均等返済と元本一括返済の違いについて

カテゴリ:

投資を始めたのですが、元利均等返済と元本一括返済の違いがわからないので教えてください。

元利均等返済と元本一括返済では返済方法が違います

では、2つの返済方法がどのように違うのか見てみましょう。

元利均等返済

初めに、元利均等返済とは“分割返済”とも言われ、毎月の返済が元金(貸したお金)と金利(お金を貸したことで発生する、簡単に言えばレンタル料)が少しずつ返済されることです。

そして、月々の返済は元本返済と金利の合計額が均等になるように計算され、返済額が決まる仕組みになっています。ですが、次月から徐々に金利の割合が最も減っていき、同時に元本の割合が最初の月よりも高くなっていくのが元利均等返済の特徴と言えるでしょう。

その仕組みは、返済される最初の月は金利の割合が高く、元本の割合が低くい。ですが、次月から徐々に金利の割合が最も減っていき、同時に元本の割合が最初の月よりも高くなっていくのが元利均等返済の特徴と言えるでしょう。

また、元利均等返済は毎月少しずつ元本が返済されるため、貸し手にとっては比較的安全性の高い返済方法となります。万一、返済の途中で貸し倒れが発生した場合でも、それまでに返済された元金は失わずに済むので低リスクで抑えらる返済方法だと言えそうです。

どんな人におすすめ?
→リスクをなるべく抑えたい人

元本一括返済

そして先程、元利均等返済では元本返済と金利の合計額が均等で、次月から徐々に金利の割合が減っていくとお話しました。しかし、元本一括返済では返済中に元本の額は減らないため、利率(金利の元金に対する割合)が同じ場合、金利の総支払い額は元利均等返済に比べて高いのが特徴です。

ただ、貸し手にとって最後まで元本が返ってこないのは、比較的リスクの高い返済方法になると言えます。そのため、案件で“長期間の貸し出し”を行う場合は、元本一括返済は避けた方がいいかもしれません。

しかし、元本一括返済の元本が最後の返済日まで返済されず、最後までリターンを稼ぎ続けてくれるため、元利均等返済よりもリターンが大きいというメリットもあります。そのため、決してリスクだけということはありません。

よって元本一括返済の場合の対策として、投資額を少額に抑えるなどの工夫をして投資をすることをおすすめします。

どんな人におすすめ?
→得られる金利が多い方がいい人

元利均等返済と元本一括返済の違いまとめ

このように2つを比較してみると、月々の返済方法が違うことがわかりますね。

“金利と元金”を少しずつ返済する方法が元利均等返済。“金利”を先にまとめて最後に“元金”をまとめて返済する方法が元本一括返済となっています。

それぞれの仕組みの違いはわかりましたか?違いをしっかりと理解して投資する際に自分に合った条件で案件を選びましょう。

初心者におすすめの業者

どの業者を選んだらいいか分からない!そんな初心者のために、投資を行う中でのリスク面(貸倒れ、返済遅延など)を最大限に考慮し、運用実績の伴うクラウドファンディング運営サイトを紹介しています。

オーナーズブック

プロによる運用で償還実績多数! オーナーズブック

1万円の少額不動産投資が可能!

全案件不動産担保付き!憧れの不動産投資が1万円から始められる人気業者!

利回り 4.8~14.5%
最低投資額 1万円~
運用期間 1~24ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

クラウドクレジット

人気上昇中!成立ローン79億円突破! クラウドクレジット

1万円から始める海外投資!

1万円から海外の成長事業に投資できる手軽さと、最大12.2%の高利回りが期待できる業者!

利回り 5.9~12.2%
最低投資額 1万円~
運用期間 7~48ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

SBIソーシャルレンディング

安全性重視で投資をするならここ! SBIソーシャルレンディング

大手会社運営の高い安全性!

大手会社SBIグループが運営している業者!そのため安全性が高く倒産リスクも極めて低い業者として投資家に人気があります!

利回り 3.2~10%
最低投資額 1万円~
運用期間 4~36ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら
シェア ツイート はてブ