1万円からはじめる話題の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で資産運用!

何が違うの?クラウドファンディング5つの種類の特長まとめ

カテゴリ:初心者ガイド

何が違うの?クラウドファンディング5つの種類の特長まとめ

最近よく聞く「クラウドファンディング」には5つの種類があることを知っていますか?

クラウドファンディングはリターンとして金銭が発生する「投資型」「ファンド型」「株式型」、リターンに金銭が発生しない「購入型」「寄付型」の5種類に分かれおり、どの型で何ができるのか分からないという人も多いです。

そこで、このページではクラウドファンディングの種類ごとにとどんなことができるのか例をまじえて解説していきたいと思います。

5種類のクラウドファンディングの大きな違いとは?

まず、先程クラウドファンディングには5つの種類があるといいましたが、この5種類のクラウドファンディングはさらに大きく2つのタイプに分けることができます。それがリターンとしてお金が発生するか、お金が発生しないかという違いです。

投資型、ファンド型、株式型
リターンとしてお金が発生する。投資目的や資産運用として利用したい人向け

購入型、寄付型
リターンにお金が発生しない。新しい商品が欲しい、思いを共有したい人向け

よってクラウドファンディングでお金を増やしたいのか、または新しい商品を手に入れたり、気持ちを共有したいのかという目的によって利用するタイプは変わってきます。

それでは、ここからは各クラウドファンディングの種類ごとに一体どんなことができるのか見ていきましょう!

投資(貸付・融資)型クラウドファンディング

投資(貸付・融資)型クラウドファンディング

投資型クラウドファンディングは、貸付型、融資型とも言われるクラウドファンディング。また別名ソーシャルレンディングとも言われており、複数の呼び名が存在しているのもこのタイプの特長です。投資家は主に事業性資金の融資を受けたい企業や事業者に融資というカタチで投資し、その返済で生じた金利を毎月配当として得ることができます。

投資型クラウドファンディングの事例

資金調達者
不動産開発などの事業性資金を調達したい!

投資家
融資というカタチで事業者に投資することで、リターンとして毎月の返済で生じる金利(5%~10%前後)を得ることができる

おすすめの投資型クラウドファンディングサイト

おすすめの投資型クラウドファンディング_ラッキーバンク

LuckyBank(ラッキーバンク)

1万円から不動産担保付きの案件に投資できる「LuckyBank」は初心者を中心に人気を集めている注目サイト。投資型クラウドファンディング業者の中でも特に人気が高く、案件に申し込みが殺到することでも有名です。

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングは、投資していたビジネスの成功により、高い利益が期待できるクラウドファンディング。投資家は成長の見込みがあるビジネスに投資し、ビジネスが成果をだせば配当を受け取ることができます。また、金銭的リターンの他に投資しているビジネスの商品や製品などのリターンがもらえるのも魅力の一つです。

ファンド型クラウドファンディング

ファンド型クラウドファンディングの事例

資金調達者
自慢の日本酒を世界進出させるための資金が欲しい!

投資家
成長する見込みがあるビジネスだと判断した上で投資。投資したビジネスの成果がでれば配当を受け取ることができる。

おすすめのファンド型クラウドファンディングサイト

おすすめのファンド型クラウドファンディング_セキュリテ

セキュリテ

ミュージックセキュリティーズ株式会社が運営する「セキュリテ」は、好きな事業を選んで少額数万円から投資することができるファンド型クラウドファンディングサイト。食や伝統、文化など様々なファンドに投資して金銭的リターンだけでなく、投資した事業の製品を手に入れることができるというメリットも!

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディング

株式型クラウドファンディングは、2015年に金融庁が解禁した新しい金融商品。今まで禁止されていたベンチャーや中小企業など非上場企業の未公開株を購入することができます。

株式型クラウドファンディングの事例

資金調達者
ベンチャー企業として成長するための資金が欲しい!

投資家
成長する見込みがあると判断した上でその企業の未公開株を購入。企業が成長すればその株を売却し、リターンとして購入時との差額を得ることができる。

おすすめの株式型クラウドファンディングサイト

おすすめの株式型クラウドファンディング_fundinno

Fundinno(ファンディーノ)

日本クラウドキャピタルが運営する「Fundinno」は日本初の株式型クラウドファンディングサイトとして誕生!自分の興味があるベンチャー企業や中小企業の未公開株をネットから購入することができ、投資した企業が成長すれば高い配当が期待できます。

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングは、まだこの世に誕生していない新商品の開発や店舗のオープンなど個人や企業、団体が夢や目標達成のために資金調達を行うクラウドファンディング。支援者は資金を提供することでリターンとしてクラウドファンディングによって誕生した商品やサービスなどの特典を受けることができるという魅力があります。

購入型クラウドファンディングの事例

資金調達者
地下アイドル主演の映画を制作するための資金が欲しい!

支援者
資金を提供することでリターンとしてアイドルとの握手会参加権利、完成した映画の先行チケットなどを手に入れることができる

おすすめの購入型クラウドファンディングサイト

おすすめの購入型クラウドファンディング_CAMPFIRE

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

国内大手の購入型クラウドファンディングサイトとして一般の人々や芸能人までもが利用している「CAMPFIRE」。その最大の魅力は誰でもプロジェクトの立ち上げに挑戦できる手軽さや手数料5%という使いやすさ。また個性的なプロジェクトが多く、支援する楽しさを味わえるのも魅力です。

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングは、その名の通り寄付を目的としたクラウドファンディングです。NPOや社会貢献活動などの目的で資金を集めたい資金調達者に対し、支援者は見返りのない寄付として資金を提供します。そのため、基本的にリターンはありませんが、お礼の手紙や活動報告などを受け取ることができる場合もあり、寄付した後も繋がりを感じられるのがこのクラウドファンディングの最大の特長です。

寄付型クラウドファンディングの事例

資金調達者
猫の殺処分をなくすための資金が欲しい!

支援者
寄付として資金を提供。リターンとしてお礼のメールを受け取り、その後の活動報告を見ることができる。

おすすめの寄付型クラウドファンディングサイト

おすすめの寄付型クラウドファンディング_JapanGivng

JapanGivng(ジャパンギビング)

日本最大の寄付型クラウドファンディングサイト「JapanGivng」。ネット上で社会の役に立ちたいと思う「支援者」と資金的な応援を必要とする非営利団体「NPO」を繋ぎ、クラウドファンディングを通して出会いやコミュニケーションを図ることができます。

まとめ

このようにクラウドファンディグには5種類のタイプが存在し、それぞれ内容もリターンも異なるのが特長です。

よってクラウドファンディングを使って投資や資産運用をはじめたい人は「投資型」「ファンド型」「株式型」、いち早く新商品を手に入れたり、気持ちを共有したいという人は「購入型」「寄付型」を利用してクラウドファンディングをうまく使いわけましょう!

  • 関連記事
  • 人気記事
‹ 戻る |1 2 3 4 5 6 7 8 9 | 次へ ›

初心者におすすめの業者

どの業者を選んだらいいか分からない!そんな初心者のために、投資を行う中でのリスク面(貸倒れ、返済遅延など)を最大限に考慮し、運用実績の伴うクラウドファンディング運営サイトを紹介しています。

オーナーズブック

プロによる運用で償還実績多数! オーナーズブック

1万円の少額不動産投資が可能!

全案件不動産担保付き!憧れの不動産投資が1万円から始められる人気業者!

利回り 4.8~14.5%
最低投資額 1万円~
運用期間 1~24ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

クラウドクレジット

人気上昇中!成立ローン79億円突破! クラウドクレジット

1万円から始める海外投資!

1万円から海外の成長事業に投資できる手軽さと、最大12.2%の高利回りが期待できる業者!

利回り 5.9~12.2%
最低投資額 1万円~
運用期間 7~48ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

SBIソーシャルレンディング

安全性重視で投資をするならここ! SBIソーシャルレンディング

大手会社運営の高い安全性!

大手会社SBIグループが運営している業者!そのため安全性が高く倒産リスクも極めて低い業者として投資家に人気があります!

利回り 3.2~10%
最低投資額 1万円~
運用期間 4~36ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

シェア ツイート はてブ