1万円からはじめる話題の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で資産運用!

ポケットファンディング投資対象としての可能性は?

カテゴリ:ポケットファンディングの業者情報!口コミ・評判まとめ

ポケットファンディング投資対象としての可能性は?

ポケットファンディングは、2017年8月から運営を開始したソーシャルレンディング業者です。本社を沖縄に構えており、ほとんどの会社が東京に本社を持つソーシャルレンディング業界では、非常に珍しいとも言える運営会社ですね。

そのポケットファンディングの特徴、投資する際に気になる点から投資の対象としての可能性を探ります。

ポケットファンディングの特徴は?

ポケットファンディングの特徴は?

まだ、ソーシャルレンディングサービスを始めて運用歴が短いですが、現在(2018年1月)わかっているポケットファンディングの特徴を見ていきましょう。

不動産担保ファンドが中心となっている

ポケットファンディングのファンド内容を見てみると、ソーシャルレンディングでも人気の高い、不動産を担保としたファンドばかりとなっています。

実はソーシャルレンディングのリスクを軽減するために、不動産を担保にしたファンドだけを投資家に提供している会社が人気を呼んでいるのです。ポケットファンディングもその例に漏れず、沖縄県内の不動産を担保に設定し、その条件の上で事業を行う業者に対し、事業の活動資金を融資しています

人気の高い沖縄の案件で占められている

日本は全体的に、人口減少の傾向が続いていおり、東京や神奈川の一部など、都心では逆に人口が集中するようになっているのです。しかし、その分若者の流出が進む地方の人口減少は、非常に深刻なものになっています。

しかし沖縄はそういった人口減少とは無縁であり、さらに出生率が全国で一番高いというデータもあるのです。 日本の人口過疎化とは無縁で、若者も多く観光産業が盛んな沖縄は、これからもどんどん発展していく可能性が高いと見られています。

そんな沖縄県内で事業を展開する業者への融資は、貸し倒れのリスクも低く、また所有する不動産の価値も上書していくものと見られているので、ポケットファンディングのファンドリスクは、全体的に見て安心して投資ができるものと考えられそうです。

キャンペーン効果

ポケットファンディングがサービスを開始してすぐ、登録キャンペーンを実施していました。その内容は最大で8500円ものキャッシュバックがもらえるものとなっており、口座開設だけで1500円、30万円以上を入金すれば7000円ももらえるので、大変お得な内容といえるでしょう。

会社がソーシャルレンディング運用を開始したての頃は、登録者が少なく、ファンドへの投資金額も少ないため、なかなか案件成立まで苦労する会社もあります。よって、まずは登録者を増やすために、キャンペーンを開催し登録者を集める業者も多いです。

ポケットファンディングのキャンペーンの効果もあってか、資金未到達の案件もなく、投資家集めには成功をしています。今後、このようなキャンペーンがまた開催されるのかはわかりませんが、キャンペーン対象の案件募集が埋まるのは通常案件より早く、人気も高いため時折キャンペーンを開催して欲しい気もしますね。

ポケットファンディングで投資する際に気になること

ポケットファンディングで投資する際に気になること

先ほどもお話したように、ポケットファンディングはまだ新しいソーシャルレンディング業者です。これから、ポケットファンディングを利用するにあたり、投資する際の気になる点をまとめてみました。

募集金額があまり多くない

ポケットファンディングが、2017年8月14日にファンドを運営してから約1ヶ月半で集めた金額は7000万円弱となっています。この金額が多いのか少ないのか、見る人によって違ってくると思いますが、ソーシャルレンディングの会社が利益を出すには融資を多く行い、その金利の上乗せ分を会社の収益としていくしかありません

すぐに黒字化できる会社は少ないですが、ポケットファンディングの収益金額もまだ非常に少ないものであり、そこでキャッシュバックキャンペーンを打っているため、会社の運転資金が不足をするのではないか、と考える投資家もいるでしょう。

みんなのクレジットもキャッシュバックキャンペーンを何度も行った結果、会社の運転資金が不足する自体に陥っていました。 ただしポケットファンディングは平均的な利回りが6~8%と、それほど高い金利を利回りを設定していません。

融資先の会社に金利をどれほど上乗せしているかは非公開ですが、投資家への金利を抑えることで、高い収益を確保している可能性もあります

サイトがやや使いにくい

ポケットファンディングのサイトは口座への振込を行った後に、さらに投資用の口座に自分で資金を移動させる必要があるのです。サイト内マイページに、自分の投資用口座まで自動的に資金が振り込まれる他社と比べると、ワンステップ手続きが多くなっており、やや使いづらいと感じることもあるでしょう。

また資金の移動も、振込から原則翌日にサイト内に入金されるので、すぐに投資がしたいという時には、不便さを感じることもあるかもしれません。

ただしこの独特な資金運用構造は、ソーシャルレンディング意外の投資や融資を始める時のため、という見方もできるので、今後の同社の事業展開に注目が集まるところでもあります。

現状沖縄の物件のみである

ポケットファンディングは沖縄に本社を持つだけに、ファンドの対象となる融資先も沖縄県内の会社や物件のみです。沖縄は人気もあり人口が増え、観光も盛んですが、やはりその母数は小さく、東京や大阪・名古屋と比べると経済規模は格段に小さいと言えます。

沖縄県内のみでファンドの調達を行っていても、それほど大きなファンドは出てきにくいでしょうし、枯渇する可能性もあります。他県や海外にもファンドを拡大してくれたほうが、投資家としては安心できるでしょう。

投資対象としての可能性

しかし、ポケットファンディングの今後の運用として、現在取り扱っている融資型のファンドだけでなく、ファンド型や購入型といった案件も増やしていく予定となっています。

では、その購入型の案件のリターンはどのように考えているのでしょうか?ポケットファンディングによると、沖縄県内の商品・サービスをリターンとして資金を募るようです。そして、リターンは地方の農産物や畜産物、海産物などを販売する企業や伝統芸能などが対象となります。

先ほどは、他県や海外にもファンドを拡大してくれてもというお話しをしました。しかし、融資型だけでなくファンド型や購入型を導入した方が、様々な投資家のニーズに応えられる可能性もあります。

現在はまだ成長途中の業者ですが、今後の運用予定のことを考えると投資対象として期待できるのではないでしょうか。ポケットファンディングを投資対象にするか悩んでいるという方は、まず融資型の実績をと、その後の運用状況を見て利用するという方法でもいいと思います。

  • 関連記事
  • 人気記事
‹ 戻る |1 | 次へ ›

初心者におすすめの業者

どの業者を選んだらいいか分からない!そんな初心者のために、投資を行う中でのリスク面(貸倒れ、返済遅延など)を最大限に考慮し、運用実績の伴うクラウドファンディング運営サイトを紹介しています。

オーナーズブック

プロによる運用で償還実績多数! オーナーズブック

1万円の少額不動産投資が可能!

全案件不動産担保付き!憧れの不動産投資が1万円から始められる人気業者!

利回り 4.8~14.5%
最低投資額 1万円~
運用期間 1~24ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

クラウドクレジット

人気上昇中!成立ローン79億円突破! クラウドクレジット

1万円から始める海外投資!

1万円から海外の成長事業に投資できる手軽さと、最大12.2%の高利回りが期待できる業者!

利回り 5.9~12.2%
最低投資額 1万円~
運用期間 7~48ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

SBIソーシャルレンディング

安全性重視で投資をするならここ! SBIソーシャルレンディング

大手会社運営の高い安全性!

大手会社SBIグループが運営している業者!そのため安全性が高く倒産リスクも極めて低い業者として投資家に人気があります!

利回り 3.2~10%
最低投資額 1万円~
運用期間 4~36ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

シェア ツイート はてブ