1万円からはじめる話題の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で資産運用!

またも行政処分を受けたみんクレ、投資家への償還の行方は!?

カテゴリ:みんなのクレジットの業者情報!口コミ・評判まとめ

またも行政処分を受けたみんなのクレジット

2017年3月に行政処分を受けたみんなのクレジット(以降みんクレ)。同じ年の7月には、みんクレを利用していた投資家に今後の対応についてのメールが届きました。それから1ヶ月経った頃、ある衝撃的なニュースがネットに上がったのです。

なんと、2017年8月2日に今度は東京都から資金業法に基づく1ヶ月の業務停止処分と、業務改善命令を受けました。

さらにネットのニュースによると、複数の投資家からみんクレの7月分の償還が停止したという声も上がっているようです。

みんクレはこれまで、各月の償還日に所定の償還と配当が終了したことを発表してきましたが、7月分はまだ発表されていません。

償還は停止、そして行政処分を再び受けたみんクレは今後どうなっていくのでしょうか。今回の行政処分について調査してきたので見てみましょう。

みんクレまたも行政処分!?

みんなのクレジットの行政処分の内容とは

冒頭でも話したように、みんクレは2017年3月に行政処分を受けていました。処分内容は約1ヶ月間の業務停止命令と業務改善命令でしたが、今回はどんな処分内容になるのでしょうか。

以下の内容は、みんクレの公式サイトのお知らせ詳細より行政処分についての一部を抜粋したものです。

1.業務停止処分

処分理由(違反事項)禁止行為違反(過大担保の徴求)
(1)業務停止期間 平成29年8月9日から平成29年9年7日(30日間)
(2)停止対象業務 業務の全部(弁済の受領に関する業務及び訴訟又は調停に応ずる業務を除く)

前回の約1ヶ月間の業務停止後、みんクレは今日(2017年8月10日)まで業務を再開することなく、上記の内容の通りまた新たな行政処分を受けてしまいました。そして、その処分内容は前回同様、約1ヶ月間の業務停止となったようですね。

みんクレが行政処分を受ける1ヶ月前に、今後のみんクレの業務改善に関するメールが一部の投資家に向けた重要なお知らせとして届きました。それ以降の報告が、投資家への償還が全て完了したという報告だったら喜ばしかったのですが、今回の行政処分であることに残念に思います。

行政処分の原因とは?

みんクレは処分理由を禁止行為違反(過大担保の徴求)と公式サイトのお知らせページに掲載していますが、禁止行為違反(過大担保の徴求)とはどのような内容なのでしょう。

東京都産業労働局の公式サイトに詳しい情報が掲載されていたので、一部抜粋しました。

禁止行為違反(過大担保の徴求)

貸金業法では、貸金業者の資金需要者等に対する偽りその他の不正または著しく不当な行為を禁止しています。

当該貸金業者は、金銭消費貸借契約を締結した際、貸付け金額に比し、合理的理由がないのに、過大な担保を徴求する著しく不当な行為を行いました。

貸金業対策課に寄せられる苦情・相談が、業者の行政処分のきっかけになっています。

上記の内容を読み解くと、みんクレは貸し付け金額に対し、大きすぎる担保を借り手に要求したということでしょうか。

みんクレは、担保についての問題が目につきますね。前回(2017年3月)に受けた行政処分の内容も、投資家に対し担保つきの案件を提供していながら、実際は案件に担保がついていなかったことが発覚し業務停止処分を受けました。

今回は、投資家ではなく借り手に対する担保の問題で行政処分を受けています。内容は違えど、担保の問題がここまで続くと投資家に償還される資金が気になりますね。

投資家への償還は中止?

投資家への償還は中止?

さて、ここで1番心配されるのが未だに償還されていない投資家達の資金ですね。みんクレが再度行政処分を受けたことが影響しているのか、2017年7月以降、投資家への償還が一時停止している状態になっているようです。

実は私もみんクレに投資していましたが、すでに償還は完了しているので、現在どこまで投資家への償還が進んでいるのか詳しい情報は把握できていません。

しかし、ネットで報道されているニュースによると、融資先とみんクレが交渉を進めている最中とのことですが、今後本当に投資家にしっかり償還されるのかは定かではないと言えるでしょう。

償還を待っている投資家はまだ不安が続くかと思います。みんクレには一刻も早く償還を完了してもらい、投資家の不安を解消して欲しいですね。

今後のみんクレの動向は?

業務停止が解けた後、みんクレはどういった動きを見せるのでしょうか。

現在(2017年8月)みんクレは業務停止中なので、なんとも言えませんが、優先して欲しいのは投資家への償還ですね。前回、2017年7月に今後の対応について「みんクレはグループ会社から独立する」というような内容が含まれていました。

しかし、このような行政処分が続くようなら独立して業務を再開または始めたとしても、難しいと感じます。とにかく今は、投資家への償還に力を注いで欲しいです。

\ 安心して使える業者 /

少しでも安心してソーシャルレンディングで投資を行うために、ここでは株主や実績、会社の健全性などから安心して利用できる業者を紹介します!

  • 関連記事
  • 人気記事
‹ 戻る |1 2 3 4 | 次へ ›

関連タグ


初心者におすすめの業者

どの業者を選んだらいいか分からない!そんな初心者のために、投資を行う中でのリスク面(貸倒れ、返済遅延など)を最大限に考慮し、運用実績の伴うクラウドファンディング運営サイトを紹介しています。

オーナーズブック

プロによる運用で償還実績多数! オーナーズブック

1万円の少額不動産投資が可能!

全案件不動産担保付き!憧れの不動産投資が1万円から始められる人気業者!

利回り 4.8~14.5%
最低投資額 1万円~
運用期間 1~24ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

クラウドクレジット

人気上昇中!成立ローン79億円突破! クラウドクレジット

1万円から始める海外投資!

1万円から海外の成長事業に投資できる手軽さと、最大12.2%の高利回りが期待できる業者!

利回り 5.9~12.2%
最低投資額 1万円~
運用期間 7~48ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

マネオ(maneo)

成立ローン1000億円超えの実績! マネオ(maneo)

業界シェアno.1の人気業者!

成立ローン1000億円超えの業界最大手業者!多くの投資家に人気があるので初心者におすすめ!

利回り 5~8%
最低投資額 2万円~
運用期間 3~36ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

シェア ツイート はてブ