1万円からはじめる話題の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)で資産運用!

金融庁検査で何が変わった!?みんなのクレジットの変化を調査

カテゴリ:みんなのクレジットの業者情報!口コミ・評判まとめ

※この記事は2017年3月2日に書かれた記事です

金融庁検査で何が変わった!?みんなのクレジットの変化を調査

2016年12月に金融庁の検査が入り、何かと騒がれていたみんなのクレジット

キャンペーンの開催など、投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)業界の中でもかなり目立っていたので、いつかは検査が入るのではないかと思っていましたが、2017年3月2日現在は特になんの報告もないので検査自体は終了しているようです。

しかしその後、みんなのクレジットはリニューアルを行っており、本当に金融庁はみんなのクレジットに対して何の指導も行っていないのかは気になるところ…。

そこで今回は、金融庁の検査前と後でみんなのクレジットが変わった部分はどこなのか、詳しく調査してみました!

金融庁の検査後に変わったところは?

では金融庁の検査後、一体みんなのクレジットはどこが変わったのか、当サイト管理人が気づいた部分をピックアップしたので見ていきましょう!

源泉徴収税が引かれるようになった

実はみんなのクレジットの源泉徴収税は金融庁の検査前まで引かれていませんでした。基本的に投資型クラウドファンディングでは源泉徴収税を引いた配当が分配されるので、これは極めて稀なケース。

確定申告の時期が近づくにつれて、この源泉徴収の部分を心配する声も聞こえてきていましたが、それが金融庁の検査後に、今まで(2016年の配当分)の源泉徴収税が2017年2月にまとめて引かれることになったようです。

みんなのクレジット確定申告、源泉徴収のお知らせ

▲みんなのクレジットからのお知らせ

よってちょうど金融庁の検査が入ったのも年末だったので、確定申告を前に何か指摘があったのではないかと推測しています。また、今後は毎月の配当から源泉徴収額税が引かれた額が分配されるとのことなので、何も気にせず運用することができるでしょう。

運用予定表が使えるようになった

そして運用予定表が重くて開かないという話が以前からちらほらありましたが、リニューアル後、スムーズに使えるようになりました。

この運用予定表に関しては金融庁がなにか指摘をするということはなさそうですが、ユーザーが利用しやすいサイトという面を意識して改善されたのかもしれませんね。実際に当サイト管理人も今まで運用予定表がなかなか開かないなというような状況があったので、単純に使いやすく改善されたのは嬉しいことです。

お問い合わせが届くようになった?

そして以前から「お問い合わせが遅い」という話も少し耳にしていました。みんなのクレジットは10ヶ月で成立ローンが40億円を突破するなど、ユーザー数が増加していることが予想される業者ではありますが、実は従業員数が9名と少ないのが現状です。

そのため、お問い合わせなどの対応が追いついていないのかという懸念がありましたが、当サイト管理人が金融庁の検査後に実際に問合わせを行ってみたところ、その返信を確認することができました!

みんなのクレジットから届いたお問い合わせの返信

▲みんなのクレジットから届いた返信

その後は、問い合わせていないので現在の状況は分かりませんが、お問い合わせが繋がりやすくなっているのではないかと推測しています。従業員数が少ない中、対応が間に合わないということも分からなくはないですが、今後も更にサポート体制を整えていってもらいたいですね。

早めに金融庁の検査が入って良かったという意見

よってこのようなリニューアルによって新しくなったみんなのクレジットですが、早めに金融庁の検査が入って良かったという意見もあるようです。金融庁の検査が入ったということから投資している身からすると、何か問題が起きたのではないかと一時期は不安にもなりました。しかし、検査後のリニューアルから今まで懸念されていた点が改善されたのはいいことだと感じています。

また、下記の意見のように金融庁の検査が入れば、危ない業者は一発でアウトになるのではないでしょうか?

実際に資金運用をしているかどうかは金融庁の検査ですぐにわかると思う

引用:http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/market/1477140582/481-n

よって、このようなことからも健全な営業者だということが考えられるでしょう。金融庁が入ったことで、今まで懸念点だった源泉徴収や運用予定表などの改善があったことも、今後みんなのクレジットで投資する上ではプラスとなります。

金融庁がラッキーバンクとトラストレンディングにも入った!?

そして金融庁の検査の流れは、どうやら投資型クラウドファンディング業界全体にきているようです。以前、業界最大手業者のmaneoやクラウドバンクに金融庁の検査が入っていたことは有名な話ですが、2017年に入ってからは「ラッキーバンク」「トラストレンディング」にも金融庁の検査が入っています。

金融庁の検査がラッキーバンクとトラストレンディングにも入った

よって金融庁の検査が入ったのは、みんなのクレジットだけではないということ。現在、ラッキーバンク、トラストレンディングとも検査は終了しているようですが、何も報告がないので、みんなのクレジット同様、特に大きな問題はなかったのではないかと思っています。

そして検査の影響もあるのでしょうか?2017年2月はラッキーバンク、トラストレンディング両営業者とも非常にファンドの募集日数が少なかったという印象があります。実際に確認してみたところ、ラッキーバンクは2/11、20の2日間のみ。トラストレンディングは2/2、9、16の3日間。両者とも早い段階で募集が終わっているので、投資できなかったという人も多いのではないでしょうか。

もちろんこのファンド募集が金融庁の検査の影響を受けたのかは定かではありませんが、実際に投資できる案件は多いに越したことはありません。ちなみに、みんなのクレジットには募集金額が大きく、常時投資することが可能な案件もあるので、ラッキーバンクやトラストレンディングで投資できなかったという人にもおすすめです。

\ 安心して使える業者 /

少しでも安心してソーシャルレンディングで投資を行うために、ここでは株主や実績、会社の健全性などから安心して利用できる業者を紹介します!

  • 関連記事
  • 人気記事
‹ 戻る |1 2 3 4 | 次へ ›

初心者におすすめの業者

どの業者を選んだらいいか分からない!そんな初心者のために、投資を行う中でのリスク面(貸倒れ、返済遅延など)を最大限に考慮し、運用実績の伴うクラウドファンディング運営サイトを紹介しています。

オーナーズブック

プロによる運用で償還実績多数! オーナーズブック

1万円の少額不動産投資が可能!

全案件不動産担保付き!憧れの不動産投資が1万円から始められる人気業者!

利回り 4.8~14.5%
最低投資額 1万円~
運用期間 1~24ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

クラウドクレジット

人気上昇中!成立ローン79億円突破! クラウドクレジット

1万円から始める海外投資!

1万円から海外の成長事業に投資できる手軽さと、最大12.2%の高利回りが期待できる業者!

利回り 5.9~12.2%
最低投資額 1万円~
運用期間 7~48ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

マネオ(maneo)

成立ローン1000億円超えの実績! マネオ(maneo)

業界シェアno.1の人気業者!

成立ローン1000億円超えの業界最大手業者!多くの投資家に人気があるので初心者におすすめ!

利回り 5~8%
最低投資額 2万円~
運用期間 3~36ヶ月
基本情報をみる 公式サイトはこちら

New Comment

Name
Mail
Website
Comment

シェア ツイート はてブ